ファロリクルートメント     会社案内 サイトマップ
トップページ > 現地就労・生活情報 お仕事をお探しの方 企業ご担当者の方
お仕事情報検索
お仕事紹介の流れ
登録内容変更・削除
職務経歴書作成方法
就職お役立ち情報
現地就労・生活情報
よくある質問
現地就労・生活情報
現地就労・生活情報 安心して就労するために、
現地の就労・生活情報は綿密にチェック
大 連  |  北 京  |  上 海  |  広 州  |  香 港  |  シンガポール
大 連
就労条件
給与は3,000〜15,000元と幅広いが、業種・職種にかかわらず平均6,000〜8,000元程度。管理職であれば更に高給の場合もある。ボーナスは、企業によって異なるが、月給の1〜2ヶ月分を支給する企業が多い。昇給は、契約更改時の交渉となる。
法定年休は、労働節と国慶節、春節でそれぞれ約一週間の休暇がある。年休(有給休暇)日数は、通常7日だが、試用期間後に10日、入社半年後に7日、あるいは入社後すぐに14日付与など、企業によって異なる。
社会保険は、現地企業にはないので日本の国民年金や海外傷害保険に加入する必要がある。国民年金は、海外転出届を提出すれば納付義務はないが、任意で加入できる。
ビザに関して
就労するには、Zビザと居留証の取得が義務づけられている。
まず、以下の書類を持って日本国内の中国領事館へ出向き、Zビザの申請をする。
  • 中国の勤務先を通じて発行してもらった外国人就労許可証とビザ通知書
  • パスポート(残存有効期限が一年以上あること)
  • 証明写真(3×4㎝)
  • 健康診断書(国立病院または公立病院で受診すること。原本とコピー各1部づつ)
その後、Zビザ発給後中国に入国し、24時間以内に管轄の公安局で滞在登録(入国後、ホテルまたは外国人専用住居に宿泊する場合は不要)を行い、30日間の滞在許可を取得後、居留証の申請を行う。

※詳細は政策により変更されますので、詳しくは各政府機関へ直接お問い合わせください。
※各旅行代理店やビザ代行会社に依頼すれば、中国国内で申請できる場合もあります。
物 価
タクシーの初乗り料金は8元。22時以降は10元。
大連の主な公共交通機関であるバスは基本的に1元。(一部、空調付のバスは2元)
また、快速軌道(モノレールのような電車)は大連駅から開発区を結び、4〜5元。
ハンバーガーセットは15〜18元。
住 宅
日本人が住む平均的な一人暮し用のフラットは、月々1,200〜1,800元。
しかし家賃の値幅は広く、下は500元ぐらいから、上は10,000元以上の物件もある。
平均的に、中山区では高く、西崗区、沙河口区、甘井子区は安くて新しいマンションが多い。
マンションによっては、最初の入居時にデポジットとしていくらかお金を預ける場合もあるが、大家さんとの交渉次第で事情は異なる。
医 療
日本語の通じる病院はいくつかあるが、担当の医師が常駐していないことが多いので、必ず事前に問い合わせてから行くこと。
外国人が加入できる医療保険はないので、日本で海外旅行傷害保険に加入して行くとよい。清算方法は基本的には中国人民元による現金払いだが、キャッシュレスやクレジットカードサービスも使える。
気 候
大連は北半球の温帯に位置し、海洋性の特徴をもつ温帯大陸季節風の影響で、四季ははっきりしているが、冬の厳寒および、夏の酷暑はない。 しかし、日本に比べると雨が少なく乾燥している。
気温は冬の1月で−4℃、夏の8月で23℃となっている。年間平均気温は10℃。
夏の7〜9月の間が涼しく、有名な避暑地として観光客で賑わう。
ビジネス用ドレスコードは、基本的には全シーズン通してジャケット着用。女性の場合は、ビジネスカジュアルでもOK。
ページ先頭へ
北 京
就労条件
給与は平均8,000〜15,000元程度。事務系の一般職はやや低め、営業職及び技術職はやや高めとなる。管理職や技術者で、同業種での経験があれば更に高くなる。ボーナスは、企業によって異なるが、月給の1〜4ヶ月分を支給する企業が多い。昇給は、契約更改時の交渉となる。
法定年休は、労働節と国慶節、春節でそれぞれ約一週間の休暇がある。年休(有給休暇)日数は、通常7日〜15日。
外国人は中国の社会保険に加入できないので、日本の国民年金や海外傷害保険に加入する必要がある。国民年金は、海外転出届を提出すれば納付義務はないが、任意で加入できる。
ビザに関して
就労するには、Zビザと居留証の取得が義務づけられている。
まず、以下の書類を持って日本国内の中国領事館へ出向き、Zビザの申請をする。
  • 中国の勤務先を通じて発行してもらった外国人就労許可証とビザ通知書
  • パスポート(残存有効期限が一年以上あること)
  • 証明写真(3×4㎝)
  • 健康診断書(国立病院または公立病院で受診すること。原本とコピー各1部づつ)
その後、Zビザ発給後中国に入国し、24時間以内に管轄の公安局で滞在登録(入国後、ホテルまたは外国人専用住居に宿泊する場合は不要)を行い、30日間の滞在許可を取得後、居留証の申請を行う。

※詳細は政策により変更されますので、詳しくは各政府機関へ直接お問い合わせください。
※各旅行代理店やビザ代行会社に依頼すれば、中国国内で申請できる場合もあります。
物 価
タクシー初乗り料金は10元。北京の主な公共交通機関は地下鉄とバスであり、地下鉄は初乗り3元。市内のバスは初乗り1元もしくは2元。
ハンバーガーセットは18〜25元。
住 宅
日本人が住む平均的な一人暮し用のフラットは、月々2,000〜5,000元。外国人専用マンションは、クリーニングや清掃サービスがつくところが多く、10,000元以上かかる。いずれも基本的な家具は備え付けになっている。別途水道代、ガス代、電気代の支払いが必要なところが多い。日系企業が朝陽区もしくは海淀区に多いことから、この地域に住む日本人が多い。通常は家賃1か月分程度のデポジットが必要。契約終了時に問題がなければデポジットは返却してもらえる。
医 療
日本語の通じる病院がある。中には外国人専用窓口や、入院が必要な時は外国人専用病棟が用意されている病院もある。清算方法は基本的には中国人民元による現金払いだが、キャッシュレスやクレジットカードサービスも使える。 その他外資系クリニックもある。
気 候
北京は大陸性気候の影響を受け、春先には強い風が吹き、時には黄砂の影響を受ける。夏は暑くて雨が多く、東京以上に高温多湿となる。冬は乾燥しており、厳しい寒さが襲う。年に数回雪が降る。一年間の気温差が比較的大きく、1月の平均気温は−4.6℃、7月の平均気温は27℃で、年間平均気温は11.7℃。
ビジネス用ドレスコードは、夏はシャツにネクタイでも可だが、その他のシーズンはジャケット着用。女性は、ビジネスカジュアルでもOK。
ページ先頭へ
上 海
就労条件
給与は、事務系は8,000〜12,000元、営業系8,000〜15,000元、エンジニアは15,000〜20,000元程度。管理職はそれ以上のことも。通常は1年間に13か月分の月給が支給される(ダブルペイ)。その他ボーナスが、1〜2か月分支給されることが多い。
法定年休は、労働節と国慶節、春節でそれぞれ約一週間の休暇がある。年休(有給休暇)日数は、通常7日〜15日。
社会保険は、現地企業にはないので日本の国民年金や海外傷害保険に加入する必要がある。国民年金は、海外転出届を提出すれば納付義務はないが、任意で加入できる。
ビザに関して
就労するには、Zビザと居留証の取得が義務づけられている。
まず、以下の書類を持って日本国内の中国領事館へ出向き、Zビザの申請をする。
  • 中国の勤務先を通じて発行してもらった外国人就労許可証とビザ通知書
  • パスポート(残存有効期限が一年以上あること)
  • 証明写真(3×4㎝)
  • 健康診断書(国立病院または公立病院で受診すること。原本とコピー各1部づつ)
その後、Zビザ発給後中国に入国し、24時間以内に管轄の公安局で滞在登録(入国後、ホテルまたは外国人専用住居に宿泊する場合は不要)を行い、30日間の滞在許可を取得後、居留証の申請を行う。

※詳細は政策により変更されますので、詳しくは各政府機関へ直接お問い合わせください。
※各旅行代理店やビザ代行会社に依頼すれば、中国国内で申請できる場合もあります。
物 価
タクシー初乗り料金は11元。上海の主な公共交通機関は、地下鉄とバス。地下鉄は初乗り3元。市内のバスは初乗り1元もしくは2元。
ハンバーガーセットは17元から。
住 宅
日本人が住む平均的な一人暮し用のフラットは、月々2,000元〜5,000元。契約時には通常、家賃1か月分のデポジットと、それとは別に3か月分の家賃を一度に支払う(家賃は3ヶ月ごとに支払うことが多い)。契約終了時に問題がなければデポジットは返却してもらえる。
医 療
日本語の通じる病院があり、外国人が安心して利用できる環境が整っている。予防接種や健康診断なども受けることができる。企業によって対応は様々だが、会社の医療保険に加入できるところもある。
気 候
亜熱帯に属しており、四季がはっきりしている。夏は湿気が多くて暑く、冬は寒い。一番寒い1月の平均気温は3℃以下で、最低気温は−5℃〜−7℃。一番暑い7月の平均気温は28℃、7.8月の最高気温は36℃〜37℃程度。6月の中旬から7月の上旬までは雨が多い季節となる。
ページ先頭へ
広 州
就労条件
給与は、事務系は10,000〜15,000元、営業系は15,000元、エンジニアは20,000〜40,000元程度。管理職や技術者で、同業種での経験があれば更に高くなる。通常は1年間に13か月分の月給(ダブルペイ)が支給される。その他ボーナスは、支給する企業と支給しない企業とがある。
法定年休は、労働節と国慶節、春節でそれぞれ約一週間の休暇がある。年休(有給休暇)日数は、勤続年数によって異なり、通常5日〜14日程度。
ビザに関して
就労するには、Zビザと居留証の取得が義務づけられている。
まず、以下の書類を持って日本国内の中国領事館へ出向き、Zビザの申請をする。
  • 中国の勤務先を通じて発行してもらった外国人就労許可証とビザ通知書
  • パスポート(残存有効期限が一年以上あること)
  • 証明写真(3×4㎝)
  • 健康診断書(国立病院または公立病院で受診すること。原本とコピー各1部づつ)
その後、Zビザ発給後中国に入国し、24時間以内に管轄の公安局で滞在登録(入国後、ホテルまたは外国人専用住居に宿泊する場合は不要)を行い、30日間の滞在許可を取得後、居留証の申請を行う。

※詳細は政策により変更されますので、詳しくは各政府機関へ直接お問い合わせください。
※各旅行代理店やビザ代行会社に依頼すれば、中国国内で申請できる場合もあります。
物 価
タクシー初乗り料金は7元。広州の主な公共交通機関は、地下鉄とバス。運賃は、地下鉄は3〜5元、市内のバスは初乗り1元〜2元、香港直通の電車は約200元。
ハンバーガーセットは14元程度。
住 宅
日本人が住む平均的な一人暮し用のフラットは、月々2,500〜3,000元。2LDKは5,000元程度。契約時に通常デポジットとして2か月分の家賃を一度に支払う。契約終了時に問題がなければデポジットは返却してもらえる。
医 療
日本語が通じる病院は数軒あり、外国人が安心して利用できる環境が整っている。予防接種や健康診断なども受けることができる。企業によって対応は様々だが、会社の医療保険に加入できるところもある。
気 候
広州は年間平均気温が約22℃と高く、湿度も高い。この気候のため年中緑が絶えることなく、広州は別名花城ともいわれている。冬も肌寒い程度にしか気温が下がらない。この気候のため、ビジネス用ドレスコードは比較的自由だ。ただし、日系企業(オフィス)の場合はきちんとした服装をする必要がある。
ページ先頭へ
香 港
就労条件
給与は、事務・秘書などはHK$15,000から。営業はHK$17,000ぐらいから、経験に応じてHK$30,000ぐらいまでと幅広い。管理部門はHK$20,000前後からHK$40,000が平均的。
多くの企業では、年間13ヶ月の給与を保証するという昔からの習慣で、ダブルペイを採用しており、それとは別途、会社の業績や本人の実績に応じてボーナスが支給される場合もある。また、ダブルペイも業績・実績に応じたボーナスのどちらも保証していないが、最低1ヶ月分はボーナスが支給される場合もあり、会社によってさまざまである。
有給休暇は最低で年間7日。日系企業は若干多く付与している傾向がある。疾病有給休暇日数は会社によって異なる。ただし、4日以上連続しての疾病による休暇の場合、法的に定められた疾病有給休暇制度が適用される。
また、日本のような国民健康保険料・厚生年金・雇用保険などはない。しかし、香港では特定の労働者以外はMPF(強制積立退職金)への加入が義務付けられている。毎月の個人の給与から5%が積立され、雇用主からも雇用者へ毎月5%の積立がある。(パーセンテージは最低義務づけられているもの)退職一時金として65歳の時点で払い戻される。特例として永遠に香港を離れる場合、1回に限って払い戻しが可能。
ビザに関して
就労可能なビザは現在3種類ある。
  • パーマネントビザ
  • 配偶者ビザ
  • 就労許可書(一般に就労ビザと呼ばれているもの)
就労ビザは現在取得が厳しくなっている。新たな申請者に対しては、“新たに決まった仕事に就くのに見合った経験を持っているか”等、チェックされるようだ。また採用する側の企業に対しては、“著しく日本人の比率が多くないか”また“新たに採用する日本人が当該ポジションに見合った経歴の人物か”さらには“日本人でなくてはならない背景(仕事内容等)”をチェックされているようだ。
物 価
タクシー初乗り料金は$15(新界ではHK$12.5)。地下鉄料金はHK$4〜26。バスは短い距離でHK$4ほど。トラム(路面電車)は一律HK$2。
ハンバーガーセットはHK$20.80〜HK$24.80。
住 宅
一般的に部屋の広さなどを考慮すると、香港でのフラット賃貸料はほぼ東京都心と同等。市街地から離れれば一人暮らし用フラットは、安いところではHK$4,500ぐらいから見つけられる。市街地に近くて、日本人女性が安心して一人暮らしできるようなフラット(オートロック、ガードマン有り)は、だいたいHK$8,000(1または2ベッドルーム)ぐらいから。不動産業者を利用する場合、仲介手数料として半月分の賃貸料と、保証金として2ヶ月分の賃貸料を払う。
医 療
現地の医療水準は高く、日本語通訳がいる病院もある。企業の福利厚生として社員に保険がかけられている場合が多いので、事故、入院などもある程度保障されることが多い。
気 候
日本と同じく四季があるが、通年湿度が高い。天候はやや不安定。
3月〜4月頃は暖かい日が続くが、湿度が高く、曇りと小雨の日が続く。
5月頃から季節は夏となり、30℃を越す日もある。天候は不安定で1週間雨が続くこともあり、6月後半からが盛夏。8月後半から9月は台風が来襲する。
10月に入り中秋節を過ぎると、ようやく涼しくなる。1年のうちで過ごしやすい季節である。12月に入る頃からが冬。近年寒くなってきており、10℃以下の日もあるので、コート、ダウンジャケットが必要。
ページ先頭へ
シンガポール
就労条件
給与は、事務・秘書などはS$3,000〜3,500ぐらいが中心。営業はS$3,000〜4,000、管理部門はS$4,500〜6,000が平均的。年末に月給1ヶ月分相当のAWS(Annual Wage Supplement)が支払われる場合が多い。また業績に応じてさらにボーナスが加算されることもある。AWSは所得税の支払いを企業が補助する目的で支給されるもので、従業員は確定申告時に平均して1ヶ月弱の所得税を納付することになる。
有給休暇は7〜14日。医療休暇は14日(医師の発行する証明書を会社に提出すれば有休扱い)。慶弔休暇は1〜3日。
永住権所得者はCPF(中央積立基金)へ加入し、給与から一定額が個人の年金用特別口座に積み立てられ、雇用主からも一定額が積み立てられる。日系企業の場合、日本の海外旅行傷害保険を現地採用の社員にも適用することがある。
ビザに関して
就労ビザはEmployment Pass (EP)とS-Pass(Sパス)が一般的である。
EPを取得するには、一定以上の学歴(ほとんどが大卒以上)をもち、基本月給S$3,000以上が必要と定められている。
しかし、政府のビザ発給基準が年々厳しくなっている。ビザ発給には、学歴、年齢、経験と給与額のバランスが取れていることが判断材料となっているようである。30歳を超えると、基本月給S$4,000以上は必要となっている。
就労ビザ取得のための最低給与額は、申請者の学歴、年齢、経験とポジションによって異なる。基準をクリアするために必要な最低給与額が、企業の提示する給与基準額を上回った場合、EPを取得できる可能性がなく、企業は給与基準額を上げない限り、採用することができない。
Sパスは、短大・専門卒以上で、基本月給S$2,200以上で発行されると定められているが、雇用先の地元社員の人数の15~20%までと、Sパス採用枠が決まっている。
また、EPの保持者の扶養家族としてシンガポールに滞在する際には、Dependant Pass(DP)を取得し、就労することが出来る。
*応募しようとしているポジションでEPを取得するための、自分自身の最低給与額を、MOMのサイトにあるセルフ・アセスメント・ツールで知ることが出来る。
MOM Self-Assessment tool for Employment / S pass (http://sat.mom.gov.sg/satservlet)
物 価
シンガポールの物価水準は、日本と比較すると、家賃を除く生活に必要な費用(特に交通費、食費)は安く生活しやすい。しかし、周辺国と比較すると、割高感は否めない。
タクシー初乗り料金は約S$3。都心部に乗り入れる場合や、時間帯によって割増料金がかかる。公共交通機関初乗り料金は、バス、MRT(地下鉄)ともにS$1前後となっている。
外食をする場合、近所のホーカーセンターやフードコートであれば、S$3~5程度で済ますことができる。多民族国家であるため、さまざまな種類のメニューを楽しむことができる。
ハンバーガーセットの価格はS$4.5 〜6.3
住 宅
シンガポールの住宅は、戸建、コンドミニアム(マンション)、HDB(公団住宅)に分けられる。日本との大きな違いは、ワンルームの物件はほとんどないため、コンドミニアムやHDBを1ユニット丸ごと借りるか、ルームシェア(間借り)することになる。また、賃料も日本と比較すると割高である。
1ユニット借りる場合は、1ヶ月の家賃として、コンドミニアムでS$3,500以上、HDBでS$2,000以上必要となる。
ルームシェアする場合は、マスタールーム(バスルーム付)とコモンルーム(バスルーム共用)とに分けられる。一般的な1ヶ月の家賃は、HDBでS$700~1,100、コンドミニアムでS$1,000~1,700くらいになる。
入居時の費用としては、デポジットとして1か月分、不動産仲介業者に1か月分、そして1ヶ月目の家賃と3か月分が必要となる。また、ほとんどの賃貸物件では家具や電化製品が付属しているため、新たにそろえる必要はほとんどない。必要なものがある際は、オーナーと交渉するとよい。
医 療
シンガポールの医療水準は非常に高く、数多くの日本語の通じる病院があるため、日本にいるのと同様に、安心して治療を受けることができる。企業の福利厚生として、医療保険がかけられるが、その条件は企業によってことなるので、確認が必要。
気 候
シンガポールは熱帯雨林気候に属するため、年間を通じて気温は高く、平均気温は30度前後。日本でいう夏しかないが、東京のように蒸し暑さは感じず、からっとした気候。11月から2月は雨季で、日本の梅雨のように、1日中降り続くことはないが、にわか雨のような激しいスコールが降る。乾季でも時々スコールが降ることがあり、雨具は必携。
屋内や電車・バスの中はエアコンが強く効いている場合が多いので、羽織るものがあると便利。
ビジネス用ドレスコードは、暑い国であるため日本よりはカジュアルだが、リゾート地ではなく都市であることを考慮する必要がある。マレー系のイスラム教徒、インド系の女性は伝統的な衣装で肌の露出を避けることが多い。会社によってはドレスコードの規定がある。
特に日系企業の面接の際は、日本で夏に転職活動をする際の服装が必要である。

(2013年9月現在)
ページ先頭へ
セキュリティポリシー  |  プライバシーポリシー