ファロリクルートメント     会社案内 サイトマップ
トップページ > 職務経歴書作成方法 お仕事をお探しの方 企業ご担当者の方
お仕事情報検索
お仕事紹介の流れ
登録内容変更・削除
職務経歴書作成方法
就職お役立ち情報
現地就労・生活情報
よくある質問
職務経歴書作成方法
職務経歴書作成方法 自分の経験・スキルを最もアピールできる職務経歴書
職務経歴書作成のポイント
転職活動をはじめる際には、履歴書、職務経歴書、自己PR文の応募書類3点セットが必要になります。
履歴書は、氏名、住所、年齢、学歴などを中心に、決まった書式に従い簡潔にまとめる必要があります。履歴書には、職歴を記入する充分なスペースはありませんので、書式もある程度自由な職務経歴書を添付することが企業への自己アピールにつながります。
応募書類3点セット
職務経歴書は、応募書類の中で最も自分の経験・スキルをアピールできるツールであり、企業の採用担当者にとって応募者の能力を判断する情報源とも言えます。つまり職務経歴書の作成は、書類選考を通過し面接まで進むことを左右する、転職活動において最初の大きなハードルのひとつです。

ここでは、職務経歴書を作成する際の3つのポイントをお伝えします。
1.経歴に関する詳細事項を書き出す
職務経歴書を作成する準備として、これまでの経歴について書き出していきます。いろいろな項目について書き出していくうちに、さらに細かい内容を思い出すはずです。
今まで自分が担当してきた仕事、実績を具体的に書き出してみましょう。会社名や部課名から仕事に対する知識、社内での受賞、資格、海外経験等々、できるだけ多く書き出すのがポイントです。
1. 勤務した会社名・業種
2. 所属部署
3. 職種
4. 地位
5. 業務
職務内容や実績は具体的に数字を用いて表現し、規模、期間、対象などを明確に書きましょう。
専門用語はなるべく使わないようにしましょう。
専門用語を使う場合は解説を加えるなど、誰が読んでも理解できるようにすることが大切です。
6. 昇進・昇格
7. 表彰・受賞/資格・スキル/自己啓発
仕事のレベルアップのためにご自分で勉強したこと、取得した資格があれば書きましょう。また社内で表彰を受けた経験があればぜひ書き出してください。
保有資格は実務に関連する資格から優先的にアピールしましょう。
8. 特にアピールしたいこと
就業した先でどんな仕事をしたいと思っているか、その理由を書きましょう。また自分の能力や仕事に対する姿勢など、ぜひPRしたいと思う点についても書きましょう。
2.記入する内容を吟味する
記入する内容を吟味する書き出した全ての情報から、今回の職務経歴書の作成において、自分のセールスポイントとしてアピールできる情報を取捨選択していきます。ご希望の応募先にあった内容を中心にまとめることが大切です。
担当業務自体は変わらずとも開発にあたった製品などが多数に及ぶ場合は、開発に携わった製品名・その用途・使用機種・使用言語・自分が担当した部門・役割などを項目別に整理するとよいでしょう。
3.簡潔で読みやすい文章にする
厳選した内容を、簡潔な文章で書きましょう。キャリアが長い方は、すべてを書き出すと職務経歴書そのものが長文になってしまうので注意が必要です。
書類のサイズと量はA4サイズで1~2枚程度が基本となります。あまり長くなると逆効果です。
現在はPCを使用して職務経歴書を作成することが一般的となっていますので、文章の内容自体を吟味するのはもちろんですが、書類作成能力、プレゼンテーション能力も注視されていることを意識して、フォント、デザイン、レイアウトを工夫し、メリハリがあり、読み易い職務経歴書の作成を心掛けましょう。
簡潔で読みやすい文章にする
それでは3つのポイントに従って、実際に職務経歴書を作成してみましょう。
職務経歴書のフォーマットはこちらよりダウンロードできます。
和文 和文 - ダウンロード
DOC (22 KB)
職務経歴書
英文 英文 - ダウンロード
DOC (23 KB)
職務経歴書
中文 中文 - ダウンロード
DOC (23 KB)
職務経歴書
ページ先頭へ
セキュリティポリシー  |  プライバシーポリシー